· 

パートナー帯同でのバルセロナ生活と人との交流

*本ブログは学校の公式見解を述べるものではありません。また、IESEdiversityを重んじる校風であり、IESE生内でも様々な感想や意見を持つ人がいます。あくまでもそんなIESE生の一個人の感想として読んでいただけたら幸いです。

 

 

初めまして、Class of 2023Nです。日系メーカーでセールスマーケティングを6年間担当し、私費退職にてIESEに留学しています。妻帯同にて留学をしていますので、パートナー帯同でのバルセロナ生活がどんなものか少しでもお伝えできればと思います。

 

 

 

 

バルセロナでの生活について

   食事

バルセロナでの食生活は素晴らしいです。まずレストランでの食事が美味しいです。本場のクロケタス(クリームコロッケ)や旬の食材で彩られたピンチョスを、バルセロナの地ビールや香り豊かなワインと合わせると最高です。物価も比較的安く、日本で外食するのとほぼ変わらないイメージです。※バルセロナのレストラン内も日本と同様、アルコール消毒及びソーシャルディスタンスが基本です。

また、自炊での食事も美味しいです。私も妻も生粋のお米好きで、バルセロナでも自炊の際は専ら日本食です。というのも、バルセロナ内にはアジアンスーパーや日本食スーパーが点在しており、割高ではありますが日本食の調味料が手に入ります。加えて、スペインは意外にもお米文化が根付いているため、日本と全く同じではありませんが、普通にスーパーで美味しいお米(スペイン米)を安価で購入することが出来ます。

初めて長期で海外生活をすることになった我々にとって、食事はとても重要な要素でしたが、バルセロナの食生活の豊かさはとても心強いものがあります。

 

   住居

私は妻帯同にて留学していますので、いわゆるフラットと呼ばれるアパートで暮らしています。ご家族帯同で留学される方は、サリア地区・レスコルツ地区・サンジェルバシ地区などに住まれている方が多い印象です。いずれも閑静な住宅街といったイメージで、学校までもバルセロナの中心地(レストランなどがたくさんあるアシャンプレ地区)までもバス1本でアクセス可能です。取り分けサリア地区は人気が高く、まさに「オシャレなヨーロッパ」というイメージがぴったりです。

またこのあたりの地区は治安もかなり良いと思います。もちろん「スリに気をつける」「深夜に暗い道を1人で歩かない」など最低限の注意は必要ですが、今のところ怖い思いをしたことはありません。私の妻も近くのスーパーへはもちろん、少し離れたところにあるアジアンスーパーへも1人で買い出しに出掛けていますので、この点でもバルセロナは住みやすい街だと思います。

 

人との交流について

   IESEの人

IESEはパートナーの方やご家族へのサポートがとても充実しています。例えば、IESEの学生とそのパートナーの方々で構成されるパートナーズクラブは、パートナーの方々が情報交換する場となるだけでなく、自主的にイベントを開催するなどかなりの熱量があるようです(パートナーズクラブでは基本的に英語でのコミュニケーションとなるためそこはハードルがあるかもしれません)。また、IESEの学生が受けているスペイン語講座を、現時点で有料ではありますがパートナーの方も受講できるため、バルセロナ生活へのソフトランディングもしやすいかと思います。

そして何より、IESEの生徒たちからの配慮が凄まじいです。私が妻帯同で留学していると聞くや否や、クラスメイトから「奥さんは元気?」「私もパートナーと来てるから分からないことあったら連絡して!」「今度のイベントに奥さん呼んだらどう?」と、これでもかというほど心遣いを頂きます。極め付けは、教授からも「奥さんはバルセロナを楽しめてる?」と声をかけられます。

多くのクラスメイトがビジネスエリートでありながら、ご家族を大切にする姿勢を持ち続けており、IESEの成熟した校風を体現しているかのようです。

 

   バルセロナの人

完全に主観になりますが、バルセロナの街の人たちはとても素敵です。スーパーやパン屋で買い物をした時、レストランで食事をした時、多くの人が笑顔で「グラシアス!(ありがとう)」と言ってくれます。ただでさえコロナ禍で世の中が閉鎖的になっている中、スペイン語を話せない外国人である我々に明るく優しく接してくれます。バルセロナの素晴らしい気候からか、多くの文化が入り混じってきた文化的背景からか、理由はハッキリと分かりませんが、「良い人だ〜気持ち良いな〜」と思うことが本当に多いです。

ただでさえストレスが多くなる海外生活において、言語が通じずとも人の温かさに触れることはとても重要なことだと思います。ここバルセロナの人たちは、おしゃべり好きで、明るくて、たまにシエスタで休んだりもしますが、魅力に溢れた人たちです。そんな素敵な人たちが住む街での生活を、あと2年間思い切り楽しもうと思っています。

 

写真は上述のサリア地区。素敵な街並みで、天気の良い日に歩くととても気持ち良いです。

 

 Sponsored by:






TOYONAGA KATSUYUKI